日暮里内科・糖尿病内科クリニック

MENU
Main

〒116-0013 東京都荒川区西日暮里2-26-12 ガーネットビル2F

ネット予約はこちら
Main

ごあいさつGreeting

Dr

院長竹村俊輔

2010年、東海大学医学部卒業。済生会川口総合病院にて初期研修を行い、東京女子医科大学病院糖尿病・代謝内科に入局。2019年に東京女子医科大学大学院第3内科学を修了し、同大学病院糖尿病・代謝内科の助教を務める。重症化を防ぐため、早期発見・治療をめざして、「通いやすさ」をコンセプトに2021年開業。医学博士。日本糖尿病学会糖尿病専門医。

生活習慣病は継続した治療が必要だからこそ
「通いやすさ」をコンセプトにしています

大学病院での勤務医時代、糖尿病やその合併症、生活習慣病、一般的な風邪の症状、アレルギー疾患などを診療してきました。糖尿病の重症患者さんを担当することもあり、早期に治療を始めていれば重症化を防げただろうという方が多かったのです。また、仕事を終えてからでは診療時間に間に合わない、大学病院は待ち時間が長いという理由で、通院をやめてしまう人も。そこで、通いやすいクリニックがあればと思い、開業を決意しました。
糖尿病は重症化すると命に関わる疾患です。そして、高血圧、脂質異常症、高尿酸血症(痛風)なども含めた生活習慣病は、初期段階では自覚症状が乏しく、進行すると動脈硬化や心筋梗塞、脳卒中などのリスクが高まります。当院でも生活習慣病に関するご相談が多く、今回わかりやすくまとめたサイトを作成しました。食生活の見直しや定期的な運動をすることが適している場合も多いので、一人ひとりに合わせたアドバイスをしています。健康診断などで数値の異常を指摘された場合や不安なこと、気になることがあれば、まずはご相談ください。

当院の特徴Feature

特徴1

日本糖尿病学会
糖尿病専門医による診療

一人ひとりのライフスタイルや既往歴に合わせて診療方針を検討し、患者さんと相談しながら、きめ細かに診療を行います。

特徴2

重視したのは
通院のしやすさ

日暮里駅から徒歩2分、西日暮里駅から徒歩5分です。平日は19時まで土日も診療。予約制で待ち時間の短縮をめざしています。

特徴3

病診連携にも
注力

より専門的な治療が必要と判断した場合には、東京女子医科大学東医療センターや近隣の大規模病院と連携して治療を行います。

特徴4

徹底した
感染症対策

共用部のこまめな消毒はもちろん、発熱のある方は動線を分けた診療で対応し、風邪などの体調不良には院内処方も行っています。

診療内容Treatment

1

2型糖尿病

血糖値を下げる働きをするインスリンの作用が追いつかず、高血糖の状態が続くのが糖尿病です。遺伝や生活習慣の乱れが主な原因であり、初期の段階では自覚症状はほとんどありません。気づかないうちに進行してしまうと、神経障害・網膜症・腎障害の三大合併症を引き起こし、人工透析が必要になる場合も。食事の改善や適度な運動のほか、飲み薬やインスリン注射などで治療を行います。

2

高血圧

血管の壁に圧力がかかっている状態が続くと血管が痛み、次第に硬くなり始めて弾力性が失われます。血液の通り道が狭くなり、血栓が生じやすくなるため、心筋梗塞や脳卒中など命に関わる疾患につながりかねません。まずはライフスタイルを見直し、適正な体重を保つこと、定期的に運動すること、減塩を意識することが重要です。血圧が高めの方はまずご相談ください。

3

脂質異常症

コレステロール、中性脂肪などの血液中の脂質が過剰な状態のことを脂質異常症と言います。食事から摂取する脂質の量が多すぎたり、体内でうまく処理されなかったりした脂質は、動脈の壁にへばりつき、血液の通り道を狭くしてしまいます。喫煙や過度の飲酒、運動不足、遺伝なども要因の一つ。当院では一人ひとりに合わせた治療を検討し、二人三脚で治療を進めていきます。

4

高尿酸血症・痛風

ビールなどのアルコール飲料や鶏卵、魚卵、レバー、干物などには、プリン体が多く含まれています。これらを多量に摂取することで尿酸値が高くなった状態が高尿酸血症です。脱水や肥満も原因と言われています。進行してしまうと、結晶となった尿酸が関節や足先などにたまり、激痛を伴う痛風発作を引き起こします。プリン体の摂取を控え、食事量やアルコール量を減らすことが有用です。

5

肥満症

必要以上の脂肪が体内に蓄積された状態が肥満です。BMI(体格指数)25以上が肥満とされていますが、病気ではありません。しかし、肥満であることで健康に悪影響を及ぼしている、もしくは健康への被害が予測される状態を「肥満症」と言います。エネルギーの摂取量(食事量)と消費量(運動)のバランスが崩れていることが大きな原因であり、適切な治療やアドバイスをしています。

診療時間Timetable

時間
10:00~13:15
16:00~19:00
09:00~13:00

アクセスAccess

日暮里内科・糖尿病内科クリニック

診療科目
糖尿病内科・内科・アレルギー科
所在地
〒116-0013
東京都荒川区西日暮里2-26-12 ガーネットビル2F
TEL
03-5838-6970
交通アクセス

日暮里駅から徒歩2分

ページ
トップへ
Access